竹割のすすめ

こんばんは。

本日は小郡にて庭園工事です。

昨日、今日と主に植栽・下草・景石です。

 

 

 

裏庭まではクレーンが入らないので、

大きな木は『かつぎ棒』で運んでいきます。

DSC00499 (800x600)

↑若者2人頑張ってます。

DSC00527 (800x600)

↑裏庭の芝生の真ん中に1本の大きなヤマボウシが入りました。

子供が遊ぶのにはもってこいの素敵な空間です。

となりの芝が青く見えます。

 

 

さてさて木がどんどん入っていってます。

DSC00523 (800x600)

↑木が入るとぜんぜん雰囲気が変わりますね。

 

 

↓木を植えたら石を据えて下草を植えていきます。

DSC00520 (800x600)

木と合う石を選んで、

DSC00515 (800x600)

えっせこらせ。

DSC00516 (800x600)

景石の完成はこちら↓

DSC00526 (800x600)

DSC00541 (800x600)

DSC00542 (800x600)

↑おしゃれスロープの完成です。

DSC00539 (800x600)

 

 

休憩中には重村さんが買った新しい道具『八割り』でみんなで竹を割ってみました。

八割りは文字通り竹を八等分に割る道具でそのほかにも四割りや六割りもあります。

 

 

 

重村さん指導のもと、

■優しい竹の割り方

1、図のように八割りを竹に対して垂直に設置。

2、ハンマーで八割りを叩きます。

DSC00501 (800x600)

3、竹が一節割れたら後は力いっぱい手前に引いていきます。

DSC00502 (800x600)

4、竹の後ろを壁に当ててどんどん割っていきます。

DSC00503 (800x600) DSC00504 (800x600)

5、最後の一節ぐらいのところまでいくと竹を立てます。

DSC00506 (800x600)

6、そして最後は竹を両手で束ねて思いっきりジャンプ!!

足で八割りを踏みつけます。

DSC00507 (800x600)

これで綺麗に八等分できました。

 

 

この日は会社に帰ってからもみんなで挑戦しました。

DSC00533 (800x600)  DSC00535 (800x600)

竹が綺麗に割れるとすごい爽快です。

ではでは本日はこのへんで。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です